母の日の由来・起源

母の日に相当するものは、様々な国にあり、その起源もさまざまです。やはり、自分を産んでくれた母親は尊いものだという価値観は、世界中どこへ行っても変わらないようです。そのため、それぞれの国で母の日に相当するものが独自の文化や出来事の背景に由来していると考えるのはごく自然のことであり、母の日の由来を、一つの国・一つの出来事に求めるのはナンセンスというものでしょう。

 

ちなみに、現在日本で一般的に行われている母の日の習慣は、アメリカの母の日の影響を受けたものです。

 

時は20世紀初頭、1907年5月、教会で行われたアン・ジャービスという女性を偲ぶ記念会での出来事でした。この日アン・ジャービスの娘のアンナは、母への感謝の気持ちとして、霊前にたくさんの白いカーネーションをたむけたのです。ちなみに白いカーネーションの花言葉は「亡き母を偲ぶ」。

 

このアンナの行為は、参列者に大きな感動を与えました。そこで翌年、同教会にてアンナに倣って最初の「母の日」が祝われたわけですが、アンナはそこで参加者全員に、母が生前好んでいた赤いカーネーションを渡したのです。ここで赤いカーネーションが母の日のシンボルとなり、母の日が全米に広まってゆくことになりました。

 

母の日は1914年にははやくもアメリカの祝日となり、日にちも5月の第2日曜日と定まったのでした。

 

日本では、戦前に当時の皇后陛下のお誕生日3月6日を母の日とした時期もあったようですが、1949年頃からアメリカの影響を受けた5月の第2日曜日が母の日として一般的に定着していったのです。